主な事業内容

熊本県福祉人材・研修センター事業内容

〜福祉人材の確保と定着率の向上を図り、社会福祉従事者の資質向上を推進します〜

 介護保険の要介護認定者数が増加するなど、福祉・介護ニーズが一層拡大する中、サービスを支える人材を確保し、併せて労働環境の整備を図ることにより定着率を向上させることが喫緊の課題です。
 このため、関係機関・団体との連携、協働しながら、福祉職場の現状や人材ニーズ等の把握に努め、福祉人材無料職業紹介事業などにより人材の確保・定着を支援します。また、国の福祉・介護人材確保緊急支援事業を受け、「介護福祉士等修学資金貸付制度」の継続とともに、「職場体験事業」等を実施することにより、人材の定着・他業種からの参入を促進します。
 さらに、多様化するニーズに応えるため、研修センターとしての機能を高め、人材の育成と組織づくりに向けた「生涯研修課程」及び「課題別研修」などの体系的な研修を実施し、社会福祉従事者の資質向上に努めます。


(1) 福祉人材確保事業

1 福祉人材無料職業紹介事業
 福祉・介護現場では人手不足感が高まっている中で、福祉人材確保の基本事業である福祉人材無料職業紹介事業のこれまで以上に積極的な事業推進が求められています。人材の登録・就職のあっせんを通じて就労を促進し、福祉マンパワーの確保に取り組みます。
 (1)福祉人材無料職業紹介所の運営
 (2)「福祉の仕事日曜相談」の開設
 (3)福祉人材情報システムの運用
 (4)福祉人材合同選考会の開催

2 説明会・講習会の開催
 多様化する福祉ニーズに対応した福祉サービスを提供していくためには、福祉現場においてサービスを支える優秀な人材を将来にわたって安定的に確保することが重要な課題です。説明会・講習会を通して、福祉に対する正しい理解と関心を高め、新たな福祉マンパワーの掘り起こしと確保に努めます。
 (1)福祉の仕事就職セミナー

 (2)福祉のお仕事就職希望者向け講習会・ミニ就職面談会の実施
 (3)複数事業所連携事業(新規:福祉・介護人材確保緊急支援事業)
 (4)職場体験事業(福祉・介護人材確保緊急支援事業)

3 福祉人材確保相談事業の充実
 事業所における安定的な人材の確保を促進します。
 (1)個別訪問の実施
 (2)求職者登録状況の発行
4 社会福祉に関する広報・啓発事業の実施
 社会福祉への理解や福祉職場に関する情報を広く県民へ提供し、福祉職場への就労促進に努めます。
 (1)マスメディアを活用した広報
   平成27年3月20日の熊本日日新聞に掲載した、社会福祉施設で働く職員の方々のインタビュー記事 を実際のインタビュー動画でご紹介しています。
   ・つつじヶ丘学園
   ・ライトホーム
   ・照古苑
   ・白寿園
   ・野坂の浦荘
   ・龍生園
 (2)リーフレット・ガイドブック等の配布
5 社会福祉事業従事者の確保に関する連絡調整
 福祉現場においてサービスを支える優秀な人材を確保するためハローワーク等関係機関との連携強化に努めます。
6 介護福祉士等修学資金貸付事業(セーフティネット補助金)
 人材の福祉・介護分野への参入を促進するため、介護福祉士・社会福祉士養成施設の入学者に対して、修学資金の貸付を行います。

(2) 社会福祉従事者研修事業

1 社会福祉従事者研修事業の充実
 福祉職員の経験年数や役職ごとに段階的・継続的に学ぶための「福祉職員キャリアパス対応生涯研修課程」及び対人サービスに関する知識・技術の習得と意識の高揚を図るための「課題別研修」の充実を図り、福祉職員の能力向上を基に福祉サービスの向上につなげます。
 (1)福祉職員キャリアパス対応生涯研修の実施
   1. 初任者キャリアアップ研修会
   2. 中堅職員キャリアアップ研修会
   3. チームリーダーキャリアアップ研修会
   4. 管理職員キャリアアップ研修会
(2)課題別研修の実施
   1. ビジネスマナー研修会
   2. 福祉職員レクリエーション研修会
   3. ストレスケア研修会
   4. モチベーションアップ研修会
   5. スーパーバイザー養成研修会

   
 6. アンガーマネジメント研修会
   7
. リスクマネジメント研修会
   8. カウンセリング研修会
   9. 救急法研修会(救急法基礎講習コース)
   10. 救急法研修会(幼児安全法コース)
   11. 福祉職場OJT推進研修会
   12. 相談面接技術研修会
   13. 職場リーダーの「伝える力」向上研修会

2 教員免許特例法による介護等体験事業の受入調整
 小・中学校の教諭の普通免許状取得希望者に社会福祉施設での介護体験を行うための受け入れ調整を支援し、教員の資質向上と義務教育の一層の充実に寄与します。

3 介護支援専門員養成事業の実施
 介護保険制度の適正かつ円滑な運営に資するため、必要な知識、技能を有する介護支援専門員の養成を図ります。
 (1)介護支援専門員実務研修受講試験の実施
 (2)介護支援専門員実務研修の実施

  ▲ページの先頭へ   

戻る ホーム   
Copyrights 2008 Kumamoto Prefectural Council of Spcoal Welfare Allrights Reserved.