お知らせ 市町村社協・社会福祉施設を探す ボランティア 福祉のお仕事 学ぶ 特別賛助会員
   ホーム  >  地域福祉権利擁護センター TOP > 事業内容
戻る ホーム
 事業内容

事業の仕組み

 社会福祉協議会と利用者が契約を結び、利用者の希望にもとづいた援助を実施します。サービスの提供にあたっては、利用者の希望や困っている事を確認しながら、援助の内容や訪問回数などを記入した「支援計画」を作成します。

事業を利用できる方は

 認知症・知的障がい・精神障がいなどにより判断能力が低下されている方で、日常生活に不安がある方などです。

例えば・・・

・福祉サービスの利用方法がわからない

・公共料金や税金の支払いができない

・自分のお金をうまく使えない

・役所などから送られてくる書類をどうしたらよいか分からない

・通帳や印鑑など、大切なものをなくしてしまう


※認知症と診断されていたり、療育手帳や精神障害者保健福祉手帳を持っている方に限られるものではありません。

利用料は?

 相談は無料ですが、生活支援員による援助を実施した場合は、利用料をいただきます。
 利用料は各市町村で異なります。(1時間
あたり:400円〜1,200円)


  ▲ページの先頭へ   

戻る ホーム   
Copyrights 2008 Kumamoto Prefectural Council of Spcoal Welfare Allrights Reserved.