お知らせ 市町村社協・社会福祉施設を探す ボランティア 福祉のお仕事 学ぶ 特別賛助会員
   ホーム > 保育士就職準備金貸付事業
ホーム
 保育士就職準備金貸付事業

 保育士の資格を有する方で、離職後3か月以上経過した方等が、令和4年度新たに保育士として県内の指定施設等に週20時間以上勤務される場合、再就職に必要な費用について、就職準備金を貸し付けます。
 対象施設において保育士として、2年間継続して勤務された場合は、貸付金の全額について返還を免除できます。
 
   令和4年度申請期間 : 令和4年4月1日から令和5年2月28日まで(当日消印有効)

保育士就職準備金貸付 実施要綱

保育士就職準備金貸付 手引き

貸付対象

以下のすべてを満たす方
(1) 次のア〜カで保育士として就労していたが退職し、3か月以上離職している方又は保育士登録から3か月以上保育士として勤務経験がない方
  ア 保育所
  イ 幼保連携型認定こども園
  ウ 家庭的保育事業
  エ 小規模保育事業
  オ 事業内保育所
  カ 幼稚園(幼稚園教諭として就労していた場合も保育士として就労していたものと見なします)
(2) 令和4年度から保育士として熊本県内で週20時間以上勤務する方
    (派遣会社からの派遣勤務は対象外)
(3) 2年間継続して熊本県内の対象事業所において保育士として従事する意思を持つ方
(4) 過去に本会が実施する保育士修学資金貸付等を受けていない方
  
  【対象事業所】
   (1)  保育所                      (7)  居宅訪問型保育事業
   (2)  預かり保育を常時実施する幼稚園   (8)   事業所内保育事業
   (3)  認定こども園へ移行予定の幼稚園   (9)   病児保育事業(県に届出済)
   (4)  認定こども園                      (10)  一時預かり事業(県に届出済)
   (5)  家庭的保育事業               (11)   企業主導型保育事業
   (6)   小規模保育事業               ※認可外保育施設は対象外です。

貸付金額

400,000円以内(1回限り)
〇貸付対象となる経費について
例)・保育所等への就職によって転居が伴う場合における転居費用
    ・転居先の賃貸物件の借り上げに伴う礼金や仲介手数料
    ・保育所等で使用する被服費
    ・保育所等の勤務にあたり研修を受けた際の研修費用
    ・保育所等への通勤に要する移動用自動車等の購入費

申請は上記就職準備金のチラシに記載された必要書類を揃えてご郵送ください。
申請書類は下記「各種様式」からダウンロードしてください。
(※申請書の不備が多数見られます。必ず指定の用紙サイズで印刷してください。)
また、熊本県福祉人材・研修センターの窓口でも配布いたします。

※申請書類を提出された後に、申請者にお問合せをする場合があります。
連絡がつかない場合は貸付不可となる場合がありますので、ご注意ください。
なお、次の番号からご連絡します。 【096−322−8077】

各種様式

 印刷してください。)

≪借受人用≫
〇毎年4月に必ず提出するもの
 
〇その他、必要なときに提出するもの
  ▲ページの先頭へ   

ホーム   
Copyrights 2008 Kumamoto Prefectural Council of Spcoal Welfare Allrights Reserved.