お知らせ 市町村社協・社会福祉施設を探す ボランティア 福祉のお仕事 学ぶ 特別賛助会員
   ホーム  >  福祉の本 ビデオライブラリー TOP > 定期購読のご案内 > 月間福祉 2022年7月号
戻る ホーム
 定期購読のご案内

月間福祉 2022年7月号

最終更新日 [2022年6月21日]  

▼特集▼ 包括的支援体制のこの先

「包括的支援体制」の構築は、「地域共生社会」の実現のための中心的な施策である。
 さらにすすめるべく2020(令和2)年の社会福祉法改正で「重層的支援体制整備事業」が定められた。
 同事業は2021(令和3)年4月に始まり、現在、約130の自治体が実施している。
 体制整備に着実につながる重層的支援体制整備事業のすすめ方や、多様な包括的支援のかたち、福祉関係者に欠かせない視点や姿勢について確認する。

【座談会】 包括的支援体制の整備をどうすすめるか
       ―重層的支援体制整備事業の実施過程より
 
 大和 望  (千葉県/松戸市総合政策部地域共生課 主査)
 江崎 崇  (愛知県/豊田市福祉部福祉総合相談課 主査)
 清水 潤平 (滋賀県/高島市健康福祉部社会福祉課くらし連携支援
                   室 参事)
 永田 祐   (同志社大学社会学部 教授〈司会〉)

【レポートT】 包括的支援体制は地域とともに
 藤本 勇樹 (名張市地域環境部地域経営室 地域マネージャー)

【レポートU】 地域のさまざまな社会資源を活かした多機関協働・連
                        携による支援体制づくり
       ―「制度福祉」「地域福祉」「まちづくり」の連携
 矢澤 秀樹  (社会福祉法人伊那市社会福祉協議会 地域福祉課 課長)

【レポートV】 特別な福祉から日常の福祉へ
       ―ごちゃまぜの福祉が地域共生の土壌をつくる
 櫛田 啓   (社会福祉法人みねやま福祉会 人材開発室 室長)

【レポートW】 小さなクリニックの取り組みが地域に広がる
       ―さまざまな人が関わり地域を支える
 野尻 富美 (越前市「みんなの食堂」 実行委員会 代表)

【論文】 包括的支援体制の構築に向けて
       ―協議課程での留意点
 原田 正樹 (日本福祉大学社会福祉学部 教授)

【発売】 6月6日(毎月6日発売、6日が土日祝の場合は翌平日発売)
【定価】 1,068円(税込)
【送料】 300円(10冊以上・定期購読の場合は送料無料) 
【申込】 定期購読申込書にご記入のうえ、FAXまたは郵送にてお申込みください。
【申込先】 全国社会福祉協議会  全社協出版部受注センター
      TEL:049-257-1080 FAX:049-257-3111
      E-mail:zenshakyo-s@shakyo.or.jp
【申込書】
月間福祉7月
この情報に関するお問い合わせは
熊本県ボランティアセンター
電話:096-324-5436
ファックス:096-324-5427
メール メール 
新しいウィンドウで表示 このマークがついている資料・リンクは新しいウィンドウで開きます
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 右の「アクロバットリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アクロバットリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
  ▲ページの先頭へ   

戻る ホーム   
Copyrights 2008 Kumamoto Prefectural Council of Spcoal Welfare Allrights Reserved.