お知らせ 市町村社協・社会福祉施設を探す ボランティア 福祉のお仕事 学ぶ 特別賛助会員
   ホーム > 助成金情報 >  > 「令和3年度ENEOS児童養護施設・母子生活支援施設・里親家庭奨学助成の実施について」お知らせ
戻る ホーム
 助成金情報

「令和3年度ENEOS児童養護施設・母子生活支援施設・里親家庭奨学助成の実施について」お知らせ

最終更新日 [2022年1月5日]

1 目 的 
  児童養護施設、母子生活支援施設および里親家庭の児童等が、高校卒業後の進学を希望する
 場合、経済的な困難が問題になることがあります。こうした児童に対し、進学の道を開き、そ
 の能力を発揮する場を与えることは、児童の自立の促進をはかることにつながります。
  本助成事業は、これらの児童が高等学校卒業後、大学・短期大学・専門学校等に進学する際
 の支度費等の一部を助成することにより、児童の進学を金銭面から援助し、もって児童の社会
 的自立を支援することを目的とされています。

2 実 施  社会福祉法人 全国社会福祉協議会

3 対象者  ※本奨学助成制度は、他の奨学金制度との併用も可能です
 (1) 児童養護施設
   高等学校卒業後、令和4年度に大学・短期大学・専門学校等への進学を予定している下記の
  児童等
  @児童養護施設に入所している児童
  A児童養護施設を退所した20歳未満の方(年齢は令和4年4月2日現在の満年齢)

 (2) 母子生活支援施設
   高等学校卒業後、令和4年度に大学・短期大学・専門学校等への進学を予定している下記の
  児童等
  @母子生活支援施設に入所している児童
  A母子生活支援施設を退所した20歳未満の方(年齢は令和4年4月2日現在の満年齢)

 (3) 里親家庭
   高等学校卒業後、令和4年度に大学・短期大学・専門学校等への進学を予定している下記の
  児童等
  @里親家庭に委託されている児童
  A委託解除後、引続き里親家庭で同居している20歳未満の方(年齢は令和4年4月2日現在の満
   年齢)

4 助成金額  対象となる児童に、1人あたり10万円を助成します。

5 申請方法
  申請者は、児童養護施設及び母子生活支援施設の場合は施設長、里親家庭の場合は里親とし
 ます。(児童本人の申請は不可)
 ※詳細についてはウェブサイトから実施要項をご覧ください。
 http://www.zenyokyo.gr.jp/whatsnew.htm#03

6 申請書提出締切  令和4年2月14日(月)  当日消印有効/郵送のみ受付

7 申請書の提出・お問合せ先
 (1) 申請者が児童養護施設、母子生活支援施設の施設長の場合
   社会福祉法人 全国社会福祉協議会 児童福祉部(池本、高柳)
   〒100-8980 東京都千代田霞が関3-3-2新霞が関ビル
   TEL:03-3581-6503 FAX:03-3581-6509 E-mail taisyoji-sien@shakyo.or.jp
 (2) 申請者が里親の場合
   公益財団法人 全国里親会
   〒107-0052 東京都港区赤坂9-1-7-857
   TEL:03-3404-2024 FAX:03-3404-2034

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 右の「アクロバットリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アクロバットリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
  ▲ページの先頭へ   

戻る ホーム   
Copyrights 2008 Kumamoto Prefectural Council of Spcoal Welfare Allrights Reserved.